【豊島区 不動産 売却】不動産を買い替えるときは、売りが先?買いが先?それぞれのメリットとデメリットを解説します♪

query_builder 2023/01/28
マンション戸建て再建築不可売買耳より情報
画像9881
画像9881

不動産を買い替えるかたもたくさんいらっしゃいます。
マンションから戸建へ、戸建からマンションへ、築年数が古くなってきたから、家族が増え今のマンションから自由の効く戸建へ、などなど理由はさまざまです。

ここでは今住んでいる戸建からマンションへの住み替えを例に、どんなメリットやデメリットがあるのかみていきましょう。

■売却が先の場合

★メリット★

・戸建を売却し決済も終わっているので、次のマンションの購入に充てる自己資金が明確になる。
自己資金が明確な場合は、次のマンションの購入に係る頭金や諸費用に関する不安が抑えられます。

・いついつまでに売らなければならない。という売り急ぐ必要性がなくなり、希望の価格で売却できる。
5.000万円で戸建を売却したいなら、5,000万円で購入してくれる買主が現れるまで待つことができる。

×デメリット×
・次のマンションが決まらないと、賃貸マンションに仮住まいしなければならない可能性がある。
希望価格で売却できたことは良いが、賃貸マンションの契約初期費用や家賃など無駄な出費が生じてしまう。

・今の戸建に居住中のまま買主が内覧をするため、荷物や家具の量を減らしたり綺麗にしておかないと見栄えが悪く申込に繋がらない可能性がある、また、申込まで時間がかかる可能性がある。


■購入が先の場合

★メリット★
・新築中古問わず気に入るマンションが出てくるまで焦らず待つことができる。
購入時までに頭金の準備や節約を行う余裕ができる。

・購入したマンションの引き渡しに合わせ今の戸建てを退去できるため、仮住まいの賃貸マンションを借りる必要がない。賃貸契約の無駄な契約金もかからない。

×デメリット×
・売れない場合はダブルローンになってしまうリスクがある。
今のローンを完済させないと、新たなマンションのローンを組めないことがある。
住み替えローンやつなぎ融資などの方法もありますが、審査が厳しかったり金利が高かったりします。

・次の購入マンションが決まっていると、今の戸建を売却する期日が決まってしまう。(売り急ぐ必要がある)

・売り急ぐ場合は売却価格が安くなってしまう。
今の戸建を5,000万円で売りたいが、売却の期日が決まっていると5,000万円で買ってくれる買主を待つことができない。


■売却が先、購入が先、どちらが良いのか?
不動産の買い替えにおいて売却、購入どちらが先の場合にもメリットとデメリットが存在し、答えを出すことが難しい問題です。

私個人としては、購入したい物件のある程度の目ぼしを付けておき、売却を先に行うことをオススメします。

売却を先に行い、ローンを完済させ、準備できる購入資金を把握したうえで新たなローンを組むほうが心身ともに余裕ができます。

また、売却する不動産の条件として、引き渡し日を1年後希望とすることもできます。
買主も承知のうえで問い合わせをしてきますので、無駄な内覧調整の必要もなく、申込の確度も高まります。

結論、売却が先のほうが良いかなと思います!


■まとめ
売りが先か、買いが先かのそれぞれのメリットデメリットを解説してきました。
私含め一般的には不確定要素を極力少なくできる売りが先のほうが良いと言われています。

もちろん皆さんそれぞれの状況や境遇、売買する物件が異なるため、不動産会社へ相談してみることが良いでしょう。
当社でも買い替えに関する相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


----------------------------------------------------------------------

株式会社T Flowers

住所:東京都豊島区南池袋2-8-18 808

----------------------------------------------------------------------